洗顔をする理由を正しく理解する

いちご鼻を改善する、あるいはいちご鼻の予防の第一は正しい洗顔法にあると言われます。
洗顔をする理由を正しく理解すれば正しい洗顔方法が分かります。

 

洗顔とは、酸化した皮脂と汗や埃などの汚れを取り除くため、
つまり毛穴をきれいにすることで肌をきれいにすることです。

 

皮脂が酸化すると老化を招く過酸化脂質になりますし、
汚れをそのままにすると雑菌が繁殖して黒ずみやニキビの原因になります。

 

通常の場合、古い角質は水で洗えば剥がれ落ちますが、洗いすぎると肌が厚くなり、
毛穴の開きを誘発します。

 

すなわち洗顔のし過ぎは肌のターンオーバーが早くなり、肌の古い角質が溜まるのです。
正しい洗顔とは、あくまでも肌の汚れを落とすことと
肌のターンオーバーを妨げないことです。

 

洗顔料を使い過ぎないようにする

洗顔料は酸化した皮脂や古い角質を洗い流します。
しかし汗や埃などの汚れは水だけで洗っても落ちますから、
毎日洗顔料を使わなくてもいいですし、たとえば朝は必要がないとも言えます。

 

基本的な正しい洗顔方法

ここで基本的な正しい洗顔方法を説明しますと、
まずは手を洗つてから顔を素洗いします。

 

次に洗顔料はしっかり泡立てて、指や爪が肌に触れないように
優しく円を描きながら泡で洗うのです。

 

そして肝腎なのは泡が残らないようにしっかりすすぐことと、
最後の仕上げはタオルを顔に当てるようにして水気を取ることで、
タオルで肌を苦すらないようにします。

 

逆に悪い洗顔方法は、ゴシゴシと強くこするように洗う、洗顔料を泡立てない、
熱いお湯で洗う、そして1日に3回以上も洗う、肌に合わない洗顔料を使うなどです。
エクラシャルム 口コミ